So-net無料ブログ作成

シェアハウスを見てきました(その3) [住まいづくり]

京都の嶋原の八清さんの町家のシェアハウスを見せてもらって、

一つ目は、京都の町家の外観(この建物は花街の元お茶屋さん)をできるだけそのまま残して作られていること。

二つ目は、共用部分が建物面積の半分以上使われていて、ゆとりを感じられること。
とりわけ京都の町家に残る坪庭があり、共用のリビングやぬれ縁から四季変化する木やコケや庭石をめでることができること。

三つ目は、管理に地元のおばちゃんがあたり、掃除だけでなく、入居者に町内のこと市内のことなど聞かれることに対して主婦目線で情報提供するということ。

でした。

京都ならではのシャアハウスです。
名前は「京だんらん 嶋原」

P1010253.JPG
P1010274.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。